新潟県長岡市

新潟県長岡市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

長岡市は、新潟県の中部(中越地方)に位置する市で、新潟県下第2位の人口を擁した施行時特例市ですよ。

長岡市は長岡地方中核都市圏を形成する、中越地方および長岡都市圏の中心都市ですよ。都市圏人口としては栃木県の小山市中核都市圏に次いで全国39位に位置していますよ。

元来の長岡市は内陸の都市であったが、平成の市町村大合併を経て、日本海に面する都市となっていますよ。かつての古志郡や三島郡の大部分を占める他、蒲原郡、魚沼郡、刈羽郡の一部にも跨る市域を持ちますよ。

長岡市は花火王国として有名であり、市の中心を流れる信濃川では、毎年8月1~3日に長岡まつり(うち大花火大会は2、3日)が開かれ、正三尺玉花火も上がりますよ。

長岡市は上越新幹線で東京から約80分、関越自動車道で東京から約3時間の位置にあり、特に経済面において関東地方との結びつきが強いですよ。南北に信濃川が縦断し、川の両岸に市街地が発展していますよ。

長岡市にある山として、弥彦山、八石山、悠久山、守門岳、川として、信濃川、大河津分水、渋海川、柿川、栖吉川、太田川、刈谷田川、黒川、温泉として、蓬平温泉、長岡温泉、寺泊温泉がありますよ。

長岡市は世界的に見ても珍しい程の豪雪地帯であり、1981年(昭和56年)1月21日の212cmなど過去に記録的な豪雪を何度も経験していますよ。

近年は暖冬化により積雪は減少しており、2mを超える積雪は1986年(昭和61年)2月9日に記録された206cmが最後であるが、2012年(平成24年)2月10日には久々に170cmの豪雪を記録しましたよ。

長岡市の市街には雁木(がんぎ)が整備されているほか、市では無雪都市を宣言し、長岡駅前大手通り(旧国道8号等)には、雁木を改造した大規模なアーケードが設置されていますよ。また、道路には地下水源を利用した消雪パイプが設置され、国道・県道・市道や公共施設の敷地内に至るまで広い範囲で散水消雪を行っていますよ。

なお、長岡市の寺泊地域や和島地域は、海岸部または海岸に近いため比較的積雪が少ないですよ。

長岡市は地理的に、大部分が盆地で占められており、冬は寒く、夏は暑い傾向がありますよ。信濃川流域には遮蔽物が少なく、夏ごろは突風が吹くことがありますよ。

長岡市は2000年代に編入合併が行われた周辺市町村の区域は、合併前の市町村名を冠して○○地域と呼称していますよ(例:中之島地域・越路地域・寺泊地域など)。

長岡市の経済については、長岡市の中心市街地は長岡駅周辺を中心に形成されており、特に同駅大手口側にはオフィスやホテル、総合スーパーなどが軒を連ねていますよ。新潟県のほぼ中部に位置し、周辺